【かぎ針編み】夏用、付け襟をあみながら、編み物の基本を紹介!

付け襟ハンドメイド
スポンサーリンク

今回は、久し振りの編物動画です。

編んだのは、夏用の付け襟!どんな服でも合わせ安いように、かわいらしい模様で、2パターンの襟を編んでみました。

今回は襟なので、大きい方でも65mの糸でも2玉あれば、完成できます(#^.^#)。

 

今回の動画のポイントは、襟の編み方は、そこまで難しくないので、いままでの動画ではあまり紹介しなかった、サイズ、採寸の仕方についてや、ゲージの大切さなどを詳しく紹介しています。(なので、編み始めるまでが思いのほか長いかもしれません。ご了承ください。)

付け襟は、明るい色で編めば、顔が晴れやかに見えますし、暗めの色で編めば、シックで引き締まった印象になると思います。

是非この夏、お好きな糸で、付けたい福にピッタリのサイズの付け襟を編んでみてはいがかでしょうか? 参考にしていただけると嬉しいです。

今回も作り方などは、動画で紹介しています。

編み図

編み図

スポンサーリンク

動画

【かぎ針編み】夏用、付け襟を編みながら、編み物の基本を紹介!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント